YAME DENTOU HON GYOKURO

INFORMATION

TOKYO YAME TEA テイスティングイベント

2017.03.23 THU

2017年3月23日、白金台にて八女伝統本玉露の特別試飲会が開催されました。

参加者は完全招待制の20名で、会場となった”TIRPSE”(ティルプス)はオープンから約2ヶ月でミシュラン一つ星を獲得したことでも知られる人気のフレンチレストランです。今回、八女茶とのペアリングを担当していただきました。

前半の部は椎窓氏による、八女伝統本玉露についての説明からスタートしました。

日本一の素晴らしさは如何にして作り出されているのか、なぜ今伝統本玉露を世界のスーパーブランドにする必要があるのか......一つ一つ、熱い思いを込めて話していきます。

伝統本玉露の背景を一通り理解していただいたところで、ゲストの方々にまずはしずく茶を味わっていただきます。

今まで飲んで来た日本茶では感じたことのない、旨味と甘味の世界。驚きの表情が多くの参加者達の顔に広がっていきます。

2煎目を飲み終わった後は、茶葉を塩と塩ポン酢で召し上がっていただきました。伝統本玉露であれば、茶葉をそのまま食べても舌に苦味は全く残りません。

続いて後半の部では、TIRPSEのオーナー大橋氏より、ペアリングについての説明をいただきました。

お茶の持つ旨味成分と乳酸の相性良さなど、専門的な知見も交えながら料理の解説が行われていきます。香りの組み合わせの面白さや、料理の途中でお茶を飲むことで、口の中がリセットされ る効果の面白さなど、ペアリングだからこそ実現できる食の可能性について詳しくお話しいただきました。

ペアリングでは、煎茶、玄米茶、ほうじ茶のそれぞれの特徴を考慮し、原料までこだわり抜いた 見た目にも美しい料理が3品提供されました。お茶の種類に応じてワイングラスの形も変わり、香りや味の感じ方の違いに参加者の方々からは関心する声も上がりました。

料理の最後には、氷出しの伝統本玉露と富士山カヌレが提供されました。カヌレには八女産の抹 茶がふんだんに使用されており、濃厚な風味が口いっぱいに広がります。

今までにない新感覚のお茶と料理との出会いに、会場内は感動に包まれて幕を閉じました。

LATEST ARTICLE最新記事

ARCHIVEアーカイブ

LATEST ARTICLE